― 適応症状 ―
 我々は「ズレているから痛い」とは言いますが、実は骨そのものが痛い訳ではありません。実際には骨のズレを原因として、筋肉や神経や関節等、骨ではない部分に症状を感じているのです。本項では骨盤・背骨の構造と機能をいくつかの項目に分けて説明し、それに関連する症状を挙げます。「なぜ悪くなるのか?」をご理解いただければ、「予防」も含めた体調管理が可能になってくる筈です。
@身体の「柱」である背骨
背骨のズレ・歪みは骨格の強度不足を招き、様々な筋肉への負担から筋肉痛を発症してしまいます。
A神経の伝達管である背骨
背骨のズレ・歪みは神経の通り道を狭めてしまい、圧迫された神経の不具合により様々な神経症状を引き起こしてしまいます。
B骨格とスポーツの関係
背骨のズレ・歪みは本来の身体の機能を損なってしまい、スポーツにおいて良い成績を収める事ができなくなったり、ケガをしやすくなったりしてしまいます。
C骨格と美容の関係
背骨のズレ・歪みによって体のバランスが悪くなると、姿勢や立ち方がおかしくなり、美容面に悪影響を及ぼしてしまいます。
直接的には関連がなくとも間接的に効果が期待できる症状
筋肉への負担や神経の圧迫を取り除くことによって体力が向上すれば、病気の予防や症状の軽減、治りの悪かった症状が快方へ向かう可能性もあります。
効果があるかどうかハッキリ断言できない症状
現代医療においてその原因がハッキリと判明していない症状があります。原因がハッキリしていないということは骨格矯正が有効である可能性も残されているという事になります。
カイロプラクティックでは改善の期待ができない症状
筋肉への負担や神経の圧迫とは全く無関係に発症してしまった症状には、残念ながらカイロプラクティックの効果は期待できないでしょう。